スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆カーフィルム施工写真 ホンダ インサイト


☆ホンダ インサイト
 ・リアドア左右 リアアンダーウィンドウ(5面) シルフィード「SC-7020」
 ・リアウィンドウ シルフィード「SC-7015」施工


今月奥様の「ダイハツ ソニカ」にシルフィードの施工をご注文下さった
大津市のT・K様、
「日差しのジリジリ感が和らいで、エアコンの効きが良くなりました!」と
お喜びの声を頂きました!
さらに次は新車でご購入のご主人の「ホンダ インサイト」に
シルフィードのご注文を頂きました!

「ダイハツ ソニカ」の施工写真はこちら!


insight1-1

まずはリアドア。
標準でプライバシーガラスが装備されていますが、
結構車内が透けて見えてしまいます。
シルフィード「SC-7020」で断熱+プライバシー対策!
insight1-3
insight1-4


よく見るとシートの影が若干見えますが、
プライバシーガラスに比べるとかなり車内が見えにくくなりました。
insight1-8
insight1-9



次にリア周り。
インサイトの場合、プライバシーガラス装着車でも
リアウィンドウ(テールゲートガラス)だけは
一派的なスモークガラスではなく、
「グリーン」色の通常タイプのガラスが使われています。

リアドアやリアエクストラウィンドウ(アンダーウィンドウ)は
スモークタイプのプライバシーガラスなので、この色の差が
気になるユーザー様も多いはず。

そこで、今回はリアウィンドウだけワンランク濃いスモークの、
シルフィード「SC-7015」を使用し、
色の差がわかりにくくなるよう調整されました。
insight1-5
insight1-7

施工後は近づいてみてもほぼ色の差がわかりません。
大成功です!


施工後の車内からはご覧の通り驚くほどクリアな視界!
日本製高性能フィルムならではのクオリティで、
自信を持ってお勧めできます。
市販のフィルムや格安業務用フィルムは白く曇って見えたり、
赤みがかったり青みがかったりで車内からも見にくい。
「外から見て真っ黒!中から見ても真っ黒!」では
危なくて運転できませんもんね!
insight1-10


プライバシーガラスはスモーク色なので、「断熱効果が高い」と思っておられる方も
いらっしゃると思います。
でも、実は色が濃いからといって「断熱性能」が高いとは言えないのです。
ようは赤外線(IR)をカットできる素材がどれだけ使われているかが断熱性能の差となります。
ほとんどのプライバシーガラスの場合、
これといって赤外線カット素材は使われていないので、
赤外線カット率はせいぜい20%。
残念ながら体感できるほどの「断熱」効果はありません。

運転席のママさんはエアコンの風が当たるので涼しいと感じていても、
振り返ったら後ろの席の赤ちゃんが汗だくだった!

これ実際にお客様から聞いたお悩みです。

そんな車内の温度差も、シルフィードなら和らげる事ができます!

シルフィードは色の濃さに関係なく、
どの種類を選んでも断熱効果が高い画期的な商品です。

抜群の断熱性能で、ガラス越しに入ってくるジリジリ暑さをカット!

エアコンの風が届きにくい後部座席も快適☆
夏目前、「断熱対策」に自信をもってシルフィードをお勧めします!


燃費が良くて環境にやさしいハイブリットカー【インサイト】が、
シルフィード施工でますますエコカーになりました☆
insight1-2

大津市のT・K様、ご注文並びに写真掲載のご協力有難うございました!
またのご来店心よりお待ちしております!
関連記事

プロフィール

イーウィンドウ

Author:イーウィンドウ
自動車ガラス・建築ガラスプロショップイーウィンドウ

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。