スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆フィルム選びのポイント!


☆カーフィルム「ルミクールSD」と「シルフィード」の違いについて!  

毎度ご覧頂き有難うございます!

さて本日は、当店取り扱いカーフィルムブランド2種、
「ルミクールSD」と「シルフィード」の性能の違いについて
簡単にご紹介したいと思います。

まずスモークの色の濃さはどちらも5色、さらに
透明断熱フィルムが1種と見た目の差はありません。

紫外線カット率についても全商品99%カットになっていますので、
お肌・内装・車載装備・お荷物などの日焼け・変色・劣化予防は万全です。

では「シルフィード」がなぜ高性能フィルムなのかと言いますと、
最大の特徴は赤外線カット率。

よく紫外線と間違われるのですが、赤外線は暑さの原因となる太陽光線です。
つまり紫外線カット率が99%でも、赤外線カット機能が付いていないと
暑さを防ぐ事はほとんどできないんです。


「ルミクールSD」の赤外線カット率は約18%。
一般的なスモークフィルムやプライバシーガラス(スモークガラス)も
大体この程度の数値で残念ながら体感できるほどの断熱効果はありません。

「シルフィード」の場合、この赤外線を約71%もカットしてくれる断熱フィルムに
なってます。
真夏の太陽が当たったときの、肌が焼けるようなジリジリ感が
大幅に和らぎます。
当店では実に80%以上のお客様が断熱フィルム「シルフィード」を
ご注文下さっています。



フィルムを選ぶ時のポイントをまとめますと、

①紫外線対策と、ガラスに色を付けるだけで満足!
 という方は、「ルミクールSD」でOK。

②暑さ対策が最も重要で、更に紫外線対策とガラスに色も付けたい。
 という方は、断熱スモークの「シルフィード SCシリーズ」を。

③暑さ対策が重要だけど、ガラスに色は付けたくない!
 という方は、無色透明の断熱フィルム「シルフィード FGR-500」をお選びください。


また、スモークの「濃さ」でお悩みのお客様、
当店ではカーフィルムのカタログと、
本物のドアガラスにフィルムを貼り付けた
ディスプレイをご用意しております。

「ちょっと薄かったなぁ」
「濃すぎたかなあ」
「思ったより中から外が見にくい・・・」
「やっぱり断熱フィルムにしておけばよかった」

といった施工後の後悔をしないためにも、
ぜひ一度ディスプレイやカタログをご覧ください。
display4

写真のディスプレイはグリーン色のドアガラス。
一般的に使用されているカラーです。
他に、プライバシーガラスにフィルムを貼り付けたディスプレイも
ございます。

さらに、当店代車の5台中3台にカーフィルムを施工しておきました。
写真のミニカもその内の1台です。
より施工後のイメージがしやすくなっていると思います。

代車が空いているときはいつでもご覧いただけます。
どうぞお気軽にご来店くださいね!


関連記事

プロフィール

イーウィンドウ

Author:イーウィンドウ
自動車ガラス・建築ガラスプロショップイーウィンドウ

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。