スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ガラス内側の曇り防止


毎度ご覧頂き有難うございます!
イーウィンドウの林です。
今日11月7日は立冬!今年の冬は冷え込むようなので、
お車の冬支度はお早めにお済ませください。

さて本日は、冬のドライブに役立つカーエアコンの豆知識を
お届けします!

・・・ガラス内側の曇り防止・・・

寒い日に困る状況、ガラス内側の「曇り」!
冬は車内の温度が上がってくると、夏は車内の温度が下がってくると、
じわじわ~っと曇ってきますよね。

これは車内と外の温度差によるものと、人の息や汗から出た湿気に
よるものが大きな原因の一つです。

実はこの窓ガラスの曇り、エアコンの操作で予防・除去したり、
逆に発生しやすくなったりするんです。

まず一番重要なことは、外気・内気の切り替え操作。
お車によってボタンであったりレバーであったり、操作方法は異なりますが、
下の写真のような「矢印が車の中で方向転換している」マークが付いていると思います。
内気循環スイッチ


これは「内気循環」といって、車内の空気を吸い込み車内に戻す操作を意味しています。
上にも書きましたがクルマの中には人の息や汗から出た湿気が水蒸気となり、
車内を漂っています。
内気循環にしてしまうとこの湿気がどんどん溜まり、湿度が上昇。
窓ガラスは外気で冷やされ、そのガラスによって車内の「湿度の高い空気」が
冷やされ結露を引き起こすという仕組みです。

そこで、エアコン操作の基本は外気送入。
冬の空気は乾燥していますので、車内にこもった湿気を取り除き、
ガラスが曇るのを防いでくれます。

トンネル内など排気ガスのにおいが気になる場面を覗き、
普段は極力内気循環機能を使わないようにしましょう。

特に最近は排気ガスのにおいや花粉まで除去してくれる
高性能なエアコンフィルターが装着されているクルマが増えましたので、
ほとんどの場面は外気送入でいけそうです。

しかし雨や雪の日、乗車人数が多い日などは、外気送入でもガラスが曇る
場合があります。
ガラスが曇ると非常に危険!すぐに曇りを取り去りたい。
こんなときに活躍する装置が「エアコン」です!
夏場だけ使用しているという方がほとんどだと思いますが、
空気を冷やす効果のほかに、除湿効果もあるんです。

温度設定は「暖房」のまま、下のようなマークのスイッチを入れてみてください。
暖かい空気のままで除湿機能が働きます。
オートエアコンの場合は温度設定を変えずにエアコンスイッチを入れます。
エアコンスイッチ

車種によっては「A/C」と書かれている場合もあります。
ちなみにエアコンを入れても温度設定を下げなければ
冷たい空気は出ませんのでご安心を(^O^)/

ただし、エアコンはつけっぱなしだと燃費が悪くなってしまうので、
曇りが取れたらエアコンスイッチをオフに!

また、長いトンネル内に入ったとたん曇る場合がありますが、
これはガラス外側の場合がほとんどです。
上記方法では除去できないので、ワイパー&ウォッシャー液で
強制的に除去しましょう。
しばらく走るかトンネルの外に出ると、曇りは消えます。

クルマにとって視界不良は事故に直結する非常に危険な状態です。
エアコンの便利な機能、ご存知でない方はぜひ一度試してみては
いかがでしょうか。
本日ご紹介したエアコンの操作方法は、クルマの取扱説明書に
必ず掲載されていますので、詳しくは皆さんのお車のダッシュボードを
ご覧いただければと思います。


最後までご覧いただき有難うございました!
次回もガラスのお役立ち情報をお届けする予定です。
おたのしみにっ!!
関連記事

プロフィール

イーウィンドウ

Author:イーウィンドウ
自動車ガラス・建築ガラスプロショップイーウィンドウ

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。