スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆HMS 「HONDA モーターサイクリストスクール」参加!


ホンダの交通安全 バイクスクールに参加してきました!

HONDAの交通教育センターにて開催される
「HMS HONDAモーターサイクリストスクール」。
滋賀近辺では鈴鹿サーキット内の交通教育センターが一番近い会場です。

4月3日(日)にお休みを頂き、社員教育の一環として参加してまいりました。
本日はその様子をほんの少しご紹介します。


bike1
まずは走行前のミーティング。
このスクールは定期的に行われているのですが、
今回は「有限会社ウィザード」の泉社長が主催となって行われる
特別スクールです。
主催者の泉社長が特別ルールについて説明しています。
隣に立っておられるのが今回担当くださるインストラクターの一人、中道さん。


bike3
スクールで使用するバイクはHMS側で用意。
排気量250ccから1300ccまで、
皆それぞれ自分にあったバイクを選び、コースに持ち出します。


bike2
走行前の安全点検!泉社長が自慢の拡声器で
「タイヤの空気圧はキッチリ見といてくださいね~」
黒いツナギが私、林です。
「声大きいから拡声器いりませんわ!」と言ってます。


bike6
続いてインストラクターの方から説明を受け、
いよいよコースへ出て行きます。

bike9
まずはタイヤを温めながらアスファルトの上を走行。
ただコースを走るのではなく、
超スローターン、タイヤをロックさせてのブレーキングなど、
「バイクを乗りこなす」為の練習をします。

bike4
次はなんと草の上をゆっくり走行。
グリップがなくなり一気にコントロールが難しくなります。

bike5
さらに砂利道走行。少しフロントブレーキをかけただけで「ズリズリ!」
あっという間に転倒。
ビビッてると目線が下がり、更に不安定になってしまう。
バイクと仲良くならないと!

bike10
そして、今日一日の総仕上げ!
習った安全運転技術全てを出し切って、
コーススラロームでの走行です。

bike7
さぁすが泉社長!CB1300の巨体を、まるで木の葉が舞うように
ヒラッヒラッと操ってますよ。


bike11
一番左に写ってるのが、私・・・。
ガッチガチに固まって、必死のパッチですねぇ。
今回で2回目の参加ですが、この日は3度も転倒を経験してしまいました。
これも貴重な体験。街で同じ転倒をしていたら、
ケガだけではすまないでしょう。

bike8
今回のスクールの目的はあくまで交通安全に関する技術を学ぶ事。
タイム計測や順位を決める事はありません。
しかも、コース内に直線はなく、転倒寸前のきつーいカーブばかり。
でもね、コーススラロームを早く走れるようになると、
極限状態でもバイクをコントロールできるようになります。
つまり、街乗りで遭遇する危険を回避できる可能性がうんと高くなるということ!
これらの技能を教習所や公道で学ぶ事は難しいでしょう。

決して特殊な技術ではなく、バイクに乗る限りは必要な
経験だと改めて感じました。

もし興味をお持ちいただいたなら、ホンダのホームページか
有限会社ウィザード泉社長のブログをご覧ください。

HONDA交通教育センター

ウィザードブログ

最後に、「タイヤの空気圧はキッチリ見といてくださいね~!」(^O^)/




関連記事

プロフィール

イーウィンドウ

Author:イーウィンドウ
自動車ガラス・建築ガラスプロショップイーウィンドウ

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。