スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は・・・



毎度ご覧頂き有難うございます!
イーウィンドウの林です。

今よりさかのぼる事約2千数百年前、
日本がまだ国という形を知らなかった
縄文時代のころのお話。

ヨーロッパ周辺では、国が出来つつありましたが、武力・権力、財力など、
力をもった一部の人間(王)が支配するのが当たり前でした。
当然、権力者同士の争いが絶えず、
国自体が消滅することも珍しくない。


そんな中、ヨーロッパで小さな王制都市国家として生まれ、
のちに法制国家に移行。
地中海全域にまで領土を広げた強大な国がありました。


古代ローマ。


ローマの国民にはローマ市民権が与えられ、
法によって権利が守られていました。
国の統治者はローマ市民権を持つ者が立候補し、
ローマ市民権をもつ市民が選挙によって決める。
つまり、王ではなくローマ市民の代表。

現在の民主主義国家の原型ともいえますね。

当然市民は自分の権利を愛し、その権利を守るために
国そのものを必死で守る。

覇権をめぐる戦が絶えなかった時代だから、
他の国から攻め込まれる事もありました。

しかし、王に金で雇われた傭兵軍団を率いた他国より、
自国民で組織され、
自らの権利と国を守るため戦ったローマ軍は強かった。

さらにローマは自国民以外にも、
ローマに貢献した人に対しローマ市民権を得る
道を開きました。

この制度とローマの国力に魅力を感じた周辺諸国の人々は、
ローマ市民権を得る為ローマをめざし、
ローマに多くの多才な人材人種が集まりました。

時には国ごとローマの政権内に入りたいと、
自ら亡き後の王の座をめぐる内戦を恐れた他国の王から、
国の政権をゆだねられる事もあったそうです。


そうしてローマは更なる国力を身につけ、
その後1000年もの間、国家を維持し続けました。


他にも理由は多くありますが、
特にローマ市民権はローマの繁栄に欠かせないキーワードです。


そんな古代ローマの人々に思いをはせながら、
大津市民である私は朝から大津市長選挙の投票に行ってまいりました。

「どうせかわらんやろ」と投票に行かなければ私の力は『ゼロ』。
でも行ったら必ず『1』。
生まれ育った大津市の繁栄のために、
たとえ『1』の力でも役に立つかもしれない。
せっかくもらった権利ですからね!

1歳の息子が大人になるころ、
「大津市に産まれてよかった!」と感じてもらえる街であるように・・・。

☆新春お年玉プレゼントキャンペーン実施中です!


☆新春お年玉プレゼントキャンペーン実施中☆  


毎度ご覧頂き有難うございます!
イーウィンドウの林です。


新年を迎え早くも11日が過ぎました。
新春お年玉プレゼントキャンペーンも残すところあと20日!
ご予約・ご注文お待ちしております☆

プレゼントその1

自動車ガラス関連商品を10,000円以上ご利用で

マイクロファイバータオル1枚
micro
超極細繊維がホコリや汚れをキレイにキャッチ!
ボディ・ガラスはもちろん液晶モニターやめがねにもお使い頂ける
便利なタオルです!


プレゼントその2

自動車ガラス関連商品を20,000円以上ご利用で

LEDルームランプ1個
led1
電球より省電力なのにとっても明るい
SMD12連ホワイトLEDルームランプ!
基盤部分に銀反射シート加工を施したコダワリ仕様!
本体35mm×18mmのコンパクト設計。
各ソケットアダプターも付いてるので
ほとんどの車種に取り付けできます。

ルームライトがキラキラ明るくなって、
夜の車内も快適便利になりますよ☆


さらにさらに!

プレゼントその3

自動車ガラス関連商品を30,000円以上ご利用で


上記2点を2セット!
ledmicro


期間限定 1月31日(火)ご予約分マデ!

※ご予約時に「ホームページを見た」とお伝えください!
※他のクーポン・キャンペーンとの併用は出来ません。
※プレゼント商品がなくなり次第終了します。
※詳しくはお問い合わせください

☆カーナビ・オーディオの販売取付もやってます!



いつもご覧頂き有難うございます!
イーウィンドウの林です。

さすがに梅雨の季節。毎日うっとおしい天気が続きますね(*_*)
雨の夜は視界が悪く、交通事故が増加します。
お車でお出かけの際はくれぐれも安全運転で!

さて今日は、施工メニューについてのご案内です。

当店の専門は自動車ガラス&建築ガラスですが、
ナビ・オーディオをはじめとする電装品の取付なんかも
行っております。

例えば下の写真。
本日行った作業です。
新車のミニキャブトラックに、
ディーラーオプションのCDオーディオデッキ&ドアスピーカーを
取付けました。
minicabt1
最近の軽トラは、もとはAM・FMラジオ。
しかもスピーカーがデッキに埋め込まれているタイプで、
新たにスピーカーを取り付けるためにドアの内張りを加工し、
一から配線を引き込む作業が必要です。


その他、カーフィルム施工やガラス交換のついでにご依頼頂くケースも多く、

最近ご相談頂いた中では、
当店のお得意さまで、新車ご購入時にカーフィルムをご注文頂いた際、

「量販店でレーダーを買ってお店でつけてもらったけど、取り付け位置が悪く
 画面が見えない。でもここしか付けられないって言われたんです。」

「もし林さんの方で付け直しが出来るようならお願いしたいんですが。」と。

一応現物を確認し、お客様のご希望の取り付け位置をお伺いした後
「わかりました。やってみましょう!」と作業をお受けしました!
ガラス屋の私にご相談下さったお客様の信頼にお答えできれば何よりです。

他にも、
・キーレス連動ドアミラー格納ユニット取付
・量販店取付のTVナビキット配線引きなおし
・社外品キーレスエントリー取付
・社外品HIDヘッドライト取付
・ワイパーモーター修理交換
などなど、「こんなんできます??」とご相談いただいて
行った作業は様々。

ガラス屋の域を超えて、できることならどんどんお受けします!
車の事でお困りの際はなんでも相談くださいね!

☆HMS 「HONDA モーターサイクリストスクール」参加!


ホンダの交通安全 バイクスクールに参加してきました!

HONDAの交通教育センターにて開催される
「HMS HONDAモーターサイクリストスクール」。
滋賀近辺では鈴鹿サーキット内の交通教育センターが一番近い会場です。

4月3日(日)にお休みを頂き、社員教育の一環として参加してまいりました。
本日はその様子をほんの少しご紹介します。


bike1
まずは走行前のミーティング。
このスクールは定期的に行われているのですが、
今回は「有限会社ウィザード」の泉社長が主催となって行われる
特別スクールです。
主催者の泉社長が特別ルールについて説明しています。
隣に立っておられるのが今回担当くださるインストラクターの一人、中道さん。


bike3
スクールで使用するバイクはHMS側で用意。
排気量250ccから1300ccまで、
皆それぞれ自分にあったバイクを選び、コースに持ち出します。


bike2
走行前の安全点検!泉社長が自慢の拡声器で
「タイヤの空気圧はキッチリ見といてくださいね~」
黒いツナギが私、林です。
「声大きいから拡声器いりませんわ!」と言ってます。


bike6
続いてインストラクターの方から説明を受け、
いよいよコースへ出て行きます。

bike9
まずはタイヤを温めながらアスファルトの上を走行。
ただコースを走るのではなく、
超スローターン、タイヤをロックさせてのブレーキングなど、
「バイクを乗りこなす」為の練習をします。

bike4
次はなんと草の上をゆっくり走行。
グリップがなくなり一気にコントロールが難しくなります。

bike5
さらに砂利道走行。少しフロントブレーキをかけただけで「ズリズリ!」
あっという間に転倒。
ビビッてると目線が下がり、更に不安定になってしまう。
バイクと仲良くならないと!

bike10
そして、今日一日の総仕上げ!
習った安全運転技術全てを出し切って、
コーススラロームでの走行です。

bike7
さぁすが泉社長!CB1300の巨体を、まるで木の葉が舞うように
ヒラッヒラッと操ってますよ。


bike11
一番左に写ってるのが、私・・・。
ガッチガチに固まって、必死のパッチですねぇ。
今回で2回目の参加ですが、この日は3度も転倒を経験してしまいました。
これも貴重な体験。街で同じ転倒をしていたら、
ケガだけではすまないでしょう。

bike8
今回のスクールの目的はあくまで交通安全に関する技術を学ぶ事。
タイム計測や順位を決める事はありません。
しかも、コース内に直線はなく、転倒寸前のきつーいカーブばかり。
でもね、コーススラロームを早く走れるようになると、
極限状態でもバイクをコントロールできるようになります。
つまり、街乗りで遭遇する危険を回避できる可能性がうんと高くなるということ!
これらの技能を教習所や公道で学ぶ事は難しいでしょう。

決して特殊な技術ではなく、バイクに乗る限りは必要な
経験だと改めて感じました。

もし興味をお持ちいただいたなら、ホンダのホームページか
有限会社ウィザード泉社長のブログをご覧ください。

HONDA交通教育センター

ウィザードブログ

最後に、「タイヤの空気圧はキッチリ見といてくださいね~!」(^O^)/




☆氷点下~!


毎度ご覧頂き有難うございます!
イーウィンドウの林です。

今日は真っ白かなぁと思いながら目覚めましたが、
意外と雪は少なかったですね。

ただ、冷え込みがえげつなかった。
とりあえず水は出たのですが、
顔を洗おうとお湯の蛇口をひねったら、ポチョって・・・。
おいおい!給湯器が凍ってるやん!!
キンキンに冷えた水で顔を洗うという最悪な朝でした(ToT)

会社についても屋外の水道は凍って全滅。
それもそのはず、11時現在でも工場の温度計はマイナス1℃!0116-2
0116-3

冷え込みの厳しい日はフロントガラスも悲鳴を上げます。
普段ならなんてことない小さな飛び石でも、
ガラスがキンキンに冷えた日は簡単にヒビが入ってしまいます。

今年は特に、ガラス破損で入庫されるお客様が多いです。
ほとんど毎日、ガラス交換を行っている状態です。

0116-4
0116-6
0116-7
0116-5


走行中の飛び石は避けられませんが、
せめて「自分で割ってしまった!」という事にならないよう、
絶対にフロントガラスを急激に温める事だけは避けてください。

例えば、ガラスについた雪を融かそうと、
熱湯をかけると「ビシッ」とヒビが入る事があります。
急な温度変化は厳禁!
冬の朝は時間に余裕を持って、なるべくゆっくりガラスを温める。
フロントガラスと上手に付き合うポイントです!

もしもフロントガラスが割れたらお電話ください。
ベテランスタッフがお客様にピッタリのガラス修理をご提案します!

プロフィール

イーウィンドウ

Author:イーウィンドウ
自動車ガラス・建築ガラスプロショップイーウィンドウ

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。